2018年02月17日

平昌五輪

ゆづ&しょーま君おめでとう。
SPもFPもライブでばっちり見ましたが、これにつきますね。本田くんが感極まってて、信成君も泣いてましたね。本田くんが世界を切り開いて、大ちゃんや信成君や小塚くんやまっちー等が戦ってきて、そういうことの結果だと思うと涙が出てきました。日本男子がワンツーなんて、こんな日がくるなんて想像できましたか?大ちゃんの銅がアジア男子初だったんですよ。連覇もワンツーも、生きているうちにもう見られないかも。それくらいの快挙だわ。この時代にスケート見られて良かった。
この時代にといえば、Pちゃんもです。Pちゃんのいる時代にスケート見られて良かったです。男子フィギュアを高難度4回転の時代にしたのは間違いなくPちゃんですからね。こんな時代にしちゃって(笑)、Pちゃんも自分で大変だったと思うけれど、ここまで長く戦い続けてくれてありがとうと言いたい。今はもう全盛期は過ぎてるけど、それでもPちゃんのスケーティングは至高です。3A決めたね。
こんな感じで凄く感傷的になってしまう男子シングルだったのです。
ネイサンのフリーにも涙でしたし、ボーヤン君にも貰い泣きでした。メダル足りないわ。ビチェンコさんからの神な流れもすばらしく、本当に良い試合だったな。ハビも五輪メダルとれてよかったね。
いやー本当に色々なこと考えちゃって、とりあえずPちゃんの四季とか大ちゃんのeyeとか見まくってます。


posted by まつこ at 23:40| Comment(0) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月28日

全日本2

なんだあのMOIの放送は〜!
夜中なんだから垂れ流しでいいのに。
いや、ほんだみゆちゃんとか、可愛かったし、知子ちゃんのアップとか可愛かったし、三原ちゃん坂本さんドキュメントもよかったんだけど、でもいっぱい演技見たいよ。夜中まで見てるのなんてスケヲタしかいないんだからー。さすがフジテレビ!だいたい試合の方もペアも数組いる時代になったんだから流しておくれよ。
わかばちゃんすっごく綺麗だったわ。あと三原ちゃん来年のプロはタイスみたいのがいいなあ。スケーティング美しいから!

下の記事で刑事くんのフェリーニをパリアメって書いてごめんなさい。なおした。パリアメは友野くん。友野くんも素晴らしかったです。ジュニアワールド頑張ってください。いぬのおまわりさん素敵でした。
刑事くんの千と千尋もよかった!壮大な音楽にぴったり合ってて。こーゆー壮大な曲に負けないっていいよね!


ウーンちまたじゃあのかたについて色々あるようですが、きちんと下からやっていくのがいいよ、やるなら。そしたらいろんなことがわかると思うよ。そういう経験……逃げずに立ち向かう経験が必要なんだよ。そういっても、もうベテランもベテランなんだけど。でもやってきたこと、こなかったことの結果がこんな風にでたんだから、やってこなかったことをやらなきゃ。
3Aさえ跳べば勝てるって思い込まされてきたファンがいるから、いろんなことがおかしくなったし、彼女も3Aにしがみつかなきゃいけなかったんだよね、きっと。だから基礎から見直してっていう機会を失ってしまった。かわいそうだ。でも気づく機会もあったはずなんだけどねー。引き際は自分で決めることだから、外野が引き際間違ったとかは言う必要ないと思う。荒川さんみたくスパッと辞めるのもかっこいいし、すぐりんみたくとことんやるのもかっこいいと思う。自分が満足できるタイミングで引退すればいいと思うよ。それが端から見てて痛々しかったとしても。
あーでもさー、スケ連は間違えないでよ。あなた方がサポートするのは、これからの未来を担っていく若手ですから。
posted by まつこ at 01:29| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月26日

全日本

ふーっ。
日本女子のレベルがすごい。
いや元々日本女子のレベルはすごかった。しかし、雰囲気がよろしくなかった。ミキちゃんの天才ぷりを完全スルーする風潮とかさー。
でもこれからはヒール役とかなしに、すごいわけわからん持ち上げとかなしに見られそうな予感がして清々しい。
うれしい、正直。

かなこちゃん、トスカよかったね。構成落としたけど、それをきちんとやりきった。できることをきちんとやるって、大変なことだと思います。全日本ならなおさら。すばらしい演技で、キスクラでも満足そうで、よかった。引退……するんですよね。さみしいけど、晴々した姿を見られてよかったです。
りかちゃん、今季調子よくなかったけど、カルミナ本当に素晴らしかった。フリーをリバダンに戻して勝負に出たけど惜しかった。でも最後3Sに3Tつけてリカバリーしたとこに意地をみた。このままじゃおわんないよ!五輪シーズンにむけてまたがんばってほしいです。
三原さん、調子よいまま、良い演技ですごいなあ。そしてかわいい……。ワールドでもいい演技してください。シンデレラになれるか!?でゆかりんを思い出す私……(比べてる訳じゃない)。三原ちゃんのシンデレラは爽やかでよいです。
わかばちゃんもよかった〜!本当に表現よくなったよね〜。若さ!ジャンプ!だけじゃない。そうやって、成長していくんだよね。大人になっていくんだよねー!
まりんちゃんはなんてかわいいんだろう……。可憐だし。華もあるし。ロミジュリがぴったり。そんでリカバりながら冷静に滑るし。すごい。シニアに上がってくるの楽しみだわ〜。いきなりGPSの台に乗るんだろうねー。ジュニアからわんさか上がってくるけどほんと楽しみ。女子ますます激戦ですね。
知子ちゃん!3連覇おめでとう〜!
知子ちゃんは昨シーズンのため息が良プロすぎて、そーゆー路線よね!って思ってたから最初惑星って知ったときは何故?と思ったものだが、今ではため息より好きかもしれぬ。惑星は、太陽系の女神さまが宇宙をとびまわりながら星々を創造するっちゅー妄想が炸裂してやばいよー好きすぎるよー!知子ちゃん女神すぎる!星を創造するくらいだから本当にすごい。全日本絶対女王だからね!ぴったり!
今回ミスもありましたが、ミスった次の試合できっちりやる知子ちゃんなので次が楽しみ。でもあくまでピークはワールドなので、そのへんはおねがいします。カラオケを見学になる知子ちゃんかわいい。
浅田さんは昔も書いたけど、やってきたこととやってこなかったことの結果だからなー。いつかこうなるって見えてたし。ここですっぱり辞めるのか、すぐりんみたく自分の現時点での力を正面から見つめて、それでも下からやっていくのか。
男子もよかったなー。欠場した方々も多かったけど、それでこれでしょ。男子の層もなかなかなのではとおもうのだが……。
さとうひろあき君がよかった。フリーはジャンプめためただったけど、それでも悲壮感を感じさせず、演じきるってすごい。楽しかったと思わせるのがすごい。貴重なスケーターなのでは!
さとうひろあき君いがいにも、結構踊れる子が多くて、あれっ日本男子って踊れないイメージだったのになあと思った。高橋大ちゃんが長く活躍してた影響なのかなあ。こうやって影響というか、受け継がれていくんだねー。
しょうまくん初優勝おめでとう〜!今季のタンゴとか、昨季のトゥーランとか、どれも入り込んで上手にできるのがいいよねー。表現の幅があって。羽生君はそーゆーとこまだまだだからさ、ふたりして切磋琢磨してまだまだ伸びて行くんだろうね〜。楽しみだわ。しょうまくんの今回のフリーは泣かされました。っていうか結構毎度しょうまくんには泣かされるのだ……。
刑事くんもよかったねー。なんかこーゆーフリーを小粋に踊れるのって、いいよね!背が高くてスタイルもよくて、すっごく素敵だった!ワールド初代表、へんに緊張しないで世界に見せつけてきてください。
友野くんのパリアメもよかった!
無良くんは……正直想定内なんだよなあ……。SP1位で折り返したけど、あ、フリーはだめかもなって。どーしてなんだろうねえ。そういうこと多いもんねえ。もうベテランなんだし、チャンスをぐいっと掴みきれないのは厳しい。でも早く引退するかと思ってたけど、ここ数年いい感じだし、表現もよくなったし、あきらめずがんばってほしい。

今回の振付け師の名前がでていたけど、バトルとかあっこちゃんとかミキちゃんとかスカリとかキャシーとかここ最近まで現役で見てた方々が多くて楽しかった。やっぱそれぞれのエッセンスが入ってるよね。引退は寂しいけどこうやって受け継がれていくんだねーとあらためて思ったのでした。

そんなわけで楽しい全日本でした!
posted by まつこ at 09:52| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月05日

オールクリア

コニー・ウィリスの『オールクリア』読み終えました。『ブラックアウト』の解説編です。
なに書いてもネタバレにしかならないから気にせず書く。
超長いですがページをめくる手がとまらない。夜ベッドで読みはじめて朝がくる。車の中で読むと酔うのに、それでも読む。シリーズ4日かけて読みましたが、寝ると夢に出てくる(笑)。どっぷりつかりました。何度涙腺にきたことか。
ブラックアウトからオールクリア上までは各主人公の話を積み上げています。長いんです。本当に。でも、必要な長さ。だって、この長い話の中で私(読者)は、第二次大戦中のイギリスを一緒に旅することになるから。当時の人々が不安を心の底にしまい、けっして希望をすてなかったことを知るから。自分がやるべきことをやって、それぞれの役割で戦争を戦い抜くことを知る。それがあってのVEデイ。感動的。
でもまあ、日本の戦争ものとは随分違うわ〜と思いました。ユーモアがあって。連合国がわだからかね。勝つんだし。


マイク。1944年のアーネストがマイクだよね?とは思ってたけど、ロンドン空襲で死んでるはずだし、時系列あわないじゃん!?と謎でした。でも彼はやっぱりマイクで、ポリーとアイリーンを救うという決意のもとで起こした行動だった。あーよかった!生き残るのね。と思いきや任務が変わったところでぞっとして、ガーンと頭を殴られたかんじ。実在の近しい人の訃報を聞いたかのごときショックでした。
アーネストになったことを、正直ばかじゃないか?とおもっていてごめん。彼は英雄だ。彼がこうしなければ、ハッピーエンドにはならなかったから。でも、生き残らせてあげてほしかったわ。せっかくコリンがきたのに。

メロピー。いや、アイリーン。アイリーンの決断は予想できた。戦後のホドビン姉弟とグッドさんとの話がよみたーい。アイリーンは強く、そしてしあわせに暮らしたんだろう。1995年のアルフとビニーがそれを物語っている。
アイリーンが残らないと、そもそもこの話がはじまらないのよね。アイリーンの子孫からアイリーンが生まれて、コリンも生まれるはずだから。

3人の中では唯一2060年に帰還することができたポリー。爆撃された場所を知るだけに初期は(時代人に対して)かなり他人事……いや、他人事なんだけど客観的というか、まあ観察に来たんだから客観的でいいんだけど……と思っていたら愛すべき人たちに恵まれ、囲まれ、死を覚悟したときの潔さがかっこよかった。

しばらくパラパラ読み返す日々になりそうです。
ぎゃくがわのコリンの奮闘記とかも読んでみたいよなー。
posted by まつこ at 12:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月31日

ブラックアウト

ウィリスの『ブラックアウト』(上)を読了。
上巻だけだから、書くこともあまりないですが、良い読書時間でした。
いやー、読ませます。
途中でちょいドゥームズデイブックのギヴリンのことが出てきてニヤリ。ドゥームズデイから5年たっています。ギヴリンはなにをしているのだろう。コリンは恋する少年になっていた。

ブラックアウトは第2次大戦中の話で、舞台はロンドン。
ロンドンから疎開した子たちのことを調査するアイリーン(メロピー)、ロンドン大空襲の調査するポリー、ダンケルク撤退作戦を調査するマイクが中心となります。
かれらは史学を学ぶ学生で、タイムトラベルによって直接歴史を調査しにいける。うらやましいぜ。
アイリーンは麻疹にかかった子たちの看病をしなくてはならなくなり、ドゥームズデイを思いおこさせます。
マイクはダンケルクに行きたがっていたけど行く手だてがない〜!と思っていたら一番とんでもない方法で到着。そして一番先がきになるところで終了。
はやく下巻買ってこないと!

いくら、いつどこに爆弾が落ちてくると分かっていても戦時中にタイムトラベルはしたくないわ。作中、トロイにいった学生の話も出てきたが、トロイもやなんだけどw十字軍に行きたい子もいたけど、いやだわ〜。タイムトラベルができる未来の話だけど、タイムトラベル先では時代人になりきって、時代人と過ごすんだもの。そしてドラえもんのような道具もありません。
でも、だからこそ、その時代の生の姿がわかるんだよね。そんでもってウィリスは時代人ではないのに、とてもリアルにその時代のことを描いています。それなのに小難しいことはなく、すらすら読ませるんだよね。どんだけの取材をしているんだ。やっぱすごいや。

ドゥームズデイ〜のときも書いたけど、私も史学生だったので行くとしたら唐代の中国になるかな。トロイとか大戦中とかに比べたら選びようによっちゃあね〜。
posted by まつこ at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月29日

風の竪琴弾き

イルスの竪琴3部作のうちの最後『風の竪琴弾き』をよーやく読了!
いやーーー2部のわりとサクサク行けたかも?感のまま3部突入したら……長い旅になってしまった。疲れましたよ〜。でも、登場人物たちとともに疲れる読書ができるって結構貴重。
マキリップってやっぱりすごい。変身したり瞬間移動したりの世界観なんだけれども、その描写が。たぶん、したことあるんだよね、瞬間移動とか。呪文をなむなむするのではなく、風や火やいろいろなものと心をつないでいく。そうして、モルゴンは……以下ネタバレにつき自粛!モルゴンがいろいろなものと心をつなぎ、旅をしたのは、すべて偉大なるものの思惑通りだったんだな。で、私もモルゴンとともに疲れたーと思いながら一緒に旅をして、この世界が好きになった。マキリップってやっぱりすごい。これに尽きる。
最後にどうでもいいことだけどレーデルルが鴉になったときのごはんをきにしていたのが可愛かった。

  ☆☆☆

2015年もあんまり読書できなかったなー。
と、思って振り返ったら、そうでもないかも。
梨木香歩『ピスタチオ』読んだし。
あと、田中芳樹『アルスラーン戦記』の1部読んだよ。アニメ化っていう噂を聞いて。
さすがに読みやすいので1日1冊で。田中芳樹の本は中高生のときにほとんど読んでいたんだけどアル戦だけは読んでなかった。イラストが天野喜孝さんだったからである。いや、天野さんが悪いのではない。天野絵の『エルリック・サーガ』にかつて挫折し、天野絵の本=難しいという先入観をつくってしまったからである。アル戦難しくなかった。ってゆーか、それまで田中芳樹散々読んでるのになぜそれがわからなかった?中学生のときに読んだら絶対ナルサス好きになっていたのに。大人になっちゃったからサームさんが好きになりました。

そんなわけで、結構冊数こなしてる。仕事の本も読んでるしね!
いまはコニー・ウィリスの『ブラック・アウト』に突入しました。文章的にはパトマキさんより随分読みやすいけれど長いんですよねー。でも腹をくくって買いましたさ!
『ドゥームズデイ・ブック』読んでから、コリン以上に年齢を重ねてしまったけれど……。ドゥームズデイ〜はちょこちょこ読み返しています。
posted by まつこ at 14:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月23日

海と炎の娘

マキリップのイルスの竪琴2『海と炎の娘』を読みました。1よりだいぶ読みやすいです。そんであいかわらず描写が美しい。
主人公はモルゴンの婚約者であるレーデルル。
モルゴンが姿を消して1年。モルゴンが死んだという知らせがとびこんできます。
レーデルルの父マソムは、「王冠を持ってきた者と娘を結婚させますよー」と言っていましたが、それがモルゴンになることを予言の力で知っていたようです。そんな未来を見ているにも関わらず、モルゴンが死んだはずはない。マソムは真相をたしかめるべく旅立ちます。父親のことを大学で学ぶ兄に伝えるためにレーデルルも旅立ち、なんやかんやで自分もモルゴンを追うことになる。
そのなかでレーデルルもモルゴンのように自分自身が何者なのか向き合っていくことになります。レーデルルはモルゴンに比べて気が強いし行動力がある。よいカップルなのではないでしょーか。モルゴン尻に敷かれちゃうわ。

モルゴンは『星を帯びし者』です。いったい、『星を帯びし者』とは何なのか?どんな運命を背負っているのか。謎は深まるばかりです。デスだって悪いやつじゃないでしょー。そんで結婚すると運命付けられているレーデルルは、『星を帯びし者』を殺そうとしている変身術者の“身内”なんだよね。どーゆーこっちゃ。
離ればなれだったふたりが一緒になり、ふたたび旅立つラストにわくわく。
posted by まつこ at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

星を帯びし者

マキリップのイルスの竪琴『星を帯びし者』を読みました。
序盤なかなか進まないので時間がかかりましたが、描写がすごくて、途中から「すごい話を読んでるんだわー」とぞわっと来てしまいました。モルゴンとデスが二人で竪琴を弾いている場面とか。とにかく描写がすてきで、世界にどっぷりつかれます。
領国支配者であるモルゴンという青年が主人公。あるとき、死への危険をおかして王冠をゲットする。でも王冠をどーしていいかわからずほっぽっていたら、実は「その王冠をもってきたらウチのお姫様と結婚させますよー」と大国の王様が言ってることを知り、しかもそのお姫様とは知り合いで、好きだから王冠を持っていくことにした……というところからはじまる。
読んでいててっきりお姫様のところへ行く話なのかと思いきや、船が沈んで記憶喪失になったり殺されかけたりで、自分が大きな運命の渦に巻き込まれていることを知り、行き先変更。『偉大なる者』に色々聞こうと旅に出ます。
でも運命の渦から逃げたくて、平和にのんびり領国支配者として暮らしたくて、なんども旅をやめようとする。しっかりせんかー!と思う。でも、フツーの人間ならそうなるんじゃないかな。わけわかんないもん。でも元々頭いいし、芯がつよいので腹をくくったらそりゃもーカッコいいです。すみません、陳腐な表現で(笑)。内にこもるタイプの主人公ですねー。行動力はあるんだろーけど。頑固者だし。

謎が謎を呼び、なにー!?というところで終わるので、読み終えてそっこーで次の巻を買いにはしりました。
posted by まつこ at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月24日

かながわスケートフェスティバル

いってきましたー!
会場は寒いけどあたたかい雰囲気のショーで、本当によかった。
海外選手がプル、ランビ、ジュベ、ベルナー、カロちゃんというとんでもない豪華さ!スケーティングやばい。ランビジュベトラは2プロやってくれました。プル3A跳んでくれた〜!やっぱさすがや。そんで、ランビは氷上のアーティストだった。ネッスンドルマとか泣くわ。2プロ目は初披露。やっぱうまいよな。りっぱなショースケーターだな。そう考えるとジュベは最初の群舞揃ってなかったしwでもいいの。私はそんなジュベが好き。ジュベのスケートが好きですよ。力強く進んでいくスケートが好きなんだ。好きって3回もいっちゃった、うふふ。ライズをやった子にはアドバイスとかしたりしたのだろうか?トラも楽しかった。ショーで好き勝手してるのを見ると、本領発揮て感じですね。金パンツ、相模原市長さんにみせちゃったよ!ジャンプをふんわり跳んでふわっと降りるのがいいよね。カロリーナちゃんもあいかわらずさすがのスパイラルで目がはなせなかった。美しい〜!
本田くん、すぐりん、織田くんもよかった〜。子どもたちが何人かやったあとの本田くんで、いつかこんなふうに滑れるようになるといいね!な本田くんでした。すぐりんは黄色い衣装で可愛かった。織田くんはうまくなったような気がした。久しぶりに生で見たからか?けっこう上手な人だったんだ、みたいな(笑)。両隣に座った人が織田ヲタらしく、凄くにこにこして見てた。ありゃ母目線だな。
とにかく贅沢なショーだわ。ってか、こんな豪華メンバーで採算とれんのか!?空席もったいなさすぎ。行けるもんならまたいきたいわ。ユロヲタには満足度高いですよ!
あくまで、メインは子どもたちで、ゲストがエールをおくるショーです。その雰囲気があたたかいよね。
お客さんもおそらくユロヲタメインで親近感がw
またやってください相模原市長さんお願い!
posted by まつこ at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月01日

相模原市市制60周年のやつ

あまりに豪華なメンバーすぎてチケとっちゃいました!
カロリーナちゃんとジュベールさんがみられるとは!
私はやっぱり試合が好きで、あんまりエキシとかショーとか見ないんですが、そうもいってらんないメンバー!
そんで、国内が本田くん、すぐりん、のぶなりさんという、玄人的な?メンバーで、そこもまたいいですわ。
なんていうんですかね……。
まあとにかく海外勢インフルとかにならずに一人も欠けることなく相模原に来ていただきたい!みんなにクレ○リンおくりたい!楽しみ〜!
posted by まつこ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。